ヒアリング

ご要望を100%信頼しません。


これから創ろうとする空間をリアルにイメージするのは
実はとても難しいことです。従って、お客様のご依頼を
真剣に、時間を惜しまずお聞きするのはもちろんですが
本当に望んでいらっしゃる事は何なのか?を常に考えながら
カウンセラーの視点で、お客様の中にある理想の空間像
を引き出すお手伝いをさせて頂きます。


プレゼンテーション

お客様にデザインして頂きます。


ナリングは平面プランやCGパース等すべてのデザインワークを
アウトソースしたことがありません。また、プレゼンテーション
では複数のプランを作成して、ご意見を取り入れながらデザイン
を決定していきます。何故なら、お客様のイメージを全面的に
サポートし、理想の空間像を共有する意識が、お客様のための
結果を出せる空間創りには大切だと考えているからです。


パートナー選定

職人さんはデザイナーよりも重要?


実際に空間を造り上げるのは工事会社の職人さん達です。
従って、いくら良いデザインが出来上がっても、職人さん
のレベルによって空間の品質が決定するといっても過言で
はありません。ナリングは、一括請負会社への発注では
職方さんを指定出来ない上に、コスト高にもなりますので
信頼できる各専門施行会社に直接分離発注しています。


コスト監理

ガラス張りのコスト監理が評価されています。


各種施工会社、建材商社等々多くの会社が関わって空間
は出来上がります。ナリングでは発注先を細分化して、時に
はインターネットを駆使しながら最適な調達先を選定します。
そして、工事に関わる全てのコストを会社別に整理したシート
を作成し、設計監理費と分離して明示することで、従来の見積書
とは一線を画したガラス張りのコスト監理を実践しています。


スケジュール監理

忘れがちな基本。


ナリングはデザイン決定後の施工用図面も外注に
依頼せず自社で作成しています。また、工事スケジュールの
作成、仕上げ材のサンプル確認、工場での事前確認、打ち合わせ
内容の議事録作成、近隣への工事告知書の作成に至るまで
あたりまえとして見落としがちな、全てのプロセスを丁寧に
確認しながら行うことが、とても重要であると考えています。


コンストラクション

現場監理でいちばん大切なもの。


様々な業者さんが錯綜する工事期間中、経験豊富な
スタッフが現地で監理します。日々の進捗状況を写真と
コメントでご報告する「サイトレポート」のメール送信は
ご好評を頂いておりますが、工事段階となってもベストの
空間にむけて設計を更新する意識をもって、お客様の視点で
完成型をイメージしながら監理することが大切です。


ファイナルチェック

あたりまえを越える事。


美しいCGパースや平面プランをご覧になり、お客様は
完璧な空間をイメージされます。しかし、事前に完成型を
御確認頂けない上、大半が職人の手によるオーダーメイド
のため、お客様の想像を上回る空間構築は困難です。
だからこそ、ナリングでは完成に至るまでのひとつひとつの
プロセスを大切にして、想像以上の空間完成を目指します。


アフターフォロー

本当のおつきあいは完成後から始まります。


1件のプロジェクトが終了すると、アナログデータを含む全ての
関連ファイルはデジタルデータで保管されます。また、検索し
やすいように、案件別に時系列順に整理された過去データに
より、不意のお問い合わせや、担当者が不在の場合にも
迅速に対応可能です。経年変化していく空間へのメンテナンス
対応にこそ、会社の姿勢が顕れる。とナリングは考えます。